脂肪細胞は、栄養分を脂肪細胞内に貯蓄する働きがあります。冷え性で代謝が落ちたり、食べ過ぎや運動不足により、過剰に摂取して消費できなかった栄養が脂肪細胞内に蓄えられます。脂肪がエネルギーとして燃焼しきれず、脂肪細胞が肥大化します。この状態が続くと、コラーゲン繊維が破壊され、脂肪細胞を囲い込むようにまとわりつき、大きな脂肪の塊になります。これがセルライトの正体です。

セルライトはお肌の一番奥に存在し、凝り固まったセルライトを改善するにはハンドテクニックでは限界があります…